声優の結婚相手をファンに隠す「一般の方(女性・男性)」を検証! 

リンク広告

最近は、結婚を隠していてフライデーなどでスクープされ炎上になることも多く、未だに結婚相手を隠している声優さんも多いと聞きます。

みさなん、声優の結婚相手ってすごく気になりませんか。それが男性声優でも女性声優でも人気があればあるほど気になりますよね。

声優が結婚すると、すぐに、嫁(妻)は?旦那(夫)は?って調べたくなりますよね。

そして調べた結果・・・だいたいこうなってませんか?

結婚相手は、「一般の方」です。

さて、この一般の方・・・絶対、一般人じゃないでしょ!と思われる方も多いと思います。普通に考えて超有名な芸能人が、そこら辺のコンビニのアルバイトと結婚するわけないですよね。

実際に声優たちはどんな男性と結婚しているのか。過去1年の主な女性声優の結婚相手を表にまとめてみると「一般の方」「一般の男性」と“一般”と書かれた職業が目に付く。

その言葉のイメージからは、メーカーなど普通の企業に務めているサラリーマンの姿を想像してしまう。まじめに働いていれば声優との結婚のチャンスはあるーー。そう希望を持った矢先「そうではないですよ」と教えてくれたのがアニメの宣伝を担当する関係者だ。

「声優がこの表現を使うときはアニメ製作会社やラジオの製作スタッフ、レコード会社やアニメのメーカーの人間であることが多いです。彼らの所属会社や名前が表に出るとお互いに仕事に差し障りがあるので、ごまかしているんですよ。彼ら自身はサラリーマンなので、うそではないですし(笑い)」

関係者によれば、声優はスタジオや事務所と自宅を往復していることが多く、男性との出会いはあまりない。必然的に近場の男性と交際となるというわけだ。植田の回答は正しく、7月に7結婚を発表した本名陽子はわざわざブログで「業界の方ではありません」と答えている。

この内容はあくまで女性声優さんにしぼっているようです。女性声優さんのほうが身近にいるような男性に惚れやすいのかもしれないですね。

男性声優さんも同じように考えられると思います。一般女性にしている芸能人の方も多いですもんね。

要は、一般の方っていう表現は芸能界しかしないんですよね。相手に迷惑がかかったり、仕事に支障がでたりするような人の場合に使われる言葉です。

スポンサーリンク

相手が同じ芸能人なら隠す必要もないですし、まず間違いなくバレますしね。

スポンサーリンク

また、このことについて、検証してみたところ、どうやら、声優の植田佳奈さんが真実をぶっちぇけているようなんです。

アニメ「Fate」シリーズ遠坂凛役などを務める声優・植田佳奈はツイッター上でのファンからの「声優と結婚するにはどうしたらいいですか?」と質問に対し「声優と関わりのある、アニメやゲーム、出版や、マスコミ業界に就職するか、その声優さんの趣味業界で誰もが知るような第一人者になること」と答え、話題を呼んだ。

植田は声優との結婚に関するツイートで「声優ファンをやめること(笑)」とも答えている。理由についてはファンと結婚する場合、声優側には辞める覚悟がいると説明している。

この植田の言葉を「声優ファンの女性声優に対する忠誠心はアイドル以上ですが、その分処女性を非常に求めるし、裏切られたと思えば一気に牙をむく。男性と一緒にいるのが目撃されればツイッターなどですぐに情報が広まりますし、声優も所属事務所も声優ファンというだけでかなり警戒します。ファンと結婚したならば嫉妬の対象になるのは火を見るよりも明らかですから」と説明する。

確かに、ファンからすれば夢のような出来事なんですけど、逆に声優さんの立場になって考えてみると、そりゃ仕事をクビになる覚悟がいりますよね。

他のファンからの嫉妬もありますし、それを一生と考えれば、引退するってこともあるかもしれないですしね。

個人的には、声優という立場というか仕事かというか、そういう上っ面を評価してほしくないですけどね。

声優だから好きだとか、なんか結婚するなら公務員だったら誰でもいいみたいな、年収1000万円以上なら容姿や性格なんて関係ないとかそんなレベルで好きになられてもって感じです。

まとめますと、自分の今後の仕事のことを考えると、「一般の方」という表現になるということです。それが同業者であってもです。

真実は関係者しかわからないってことなんでしょうが、逆に考えれば、ファンも可能性はゼロではないという一縷の望みはあるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.