潘めぐみは結婚して夫がいた?母親のコネだから下手なの?父親は誰?

リンク広告

声優の「潘めぐみ(はんめぐみ)」さんの母親は同じ声優の「潘恵子(はんけいこ)」さんとうこともありコネ出演ではないかとの噂があります。

また、潘めぐみの結婚、夫、父親などの情報についても調べてみましたので、ご紹介しますね。

潘めぐみさんの主な主演作品(キャラ)といえば、「HUNTER×HUNTER(ゴン=フリークス)」、「ハピネスチャージプリキュア!(白雪ひめ / キュアプリンセス)」が有名ですね。

そんな潘めぐみさんなんですが、実は本名は「潘芽具美」と漢字なんです。ちょっと珍しい漢字ですね。

苗字も珍しいし、名前もあまり日本人がつけそうにない、当て字に使わなさそうな漢字なんですが、それもそのはず?

なんと、実は母親の潘恵子さんは台湾人の親をもつ方なんです。つまり、その娘である潘めぐみさんはクウォーター以上が確定しています。

もしかすればハーフの可能性もありますね。

結婚して夫がいた?

潘めぐみさんは、実は結婚していて旦那がいるというのです!!

スポンサーリンク

ちょっと・・・まってよ・・・聞いてないよ!と思い調べてみますと、根も葉もない噂だったことが判明しました。

焦るじゃないですか・・・(>_<)

潘めぐみさんは、現在28歳(生年月日:1989年6月3日)ですので、そろそろ結婚してもおかしくはない歳ですが、母親みたいにこそっとじゃなく、ちゃんと報告してほしいものです。

では、彼氏はというと・・・全く情報がないばかりか噂のうの字もありませんでした。こんなにかわいいのに意外ですよね。

もしかすると、母親の別名「潘杏蘭(はんきょうらん)」、西洋占星術師としての顔もあるようなので、占いで付き合う付き合わないを決めていたりして・・・。

母親のコネだから下手?

潘めぐみさんの母親は同じ声優の潘恵子さんなんです。

芸能界的には二世タレントという位置づけになりますのでどうしてもついて回るのが・・・「コネ」です。

声優になれたのも母親のコネではないかという噂がでるのは当たり前です。

しかし、現実はそうじゃないみたいです。経歴をみてみましょう。

2008年、実写映画『櫻の園』の一般公募を経て、日本大学芸術学部演劇学科在学中に和田遙役で女優デビュー。

2011年、日本テレビ系のテレビアニメ『HUNTER×HUNTER』の主人公・ゴン=フリークス(3代目)役に抜擢され声優デビュー。オーディションでは100人を超す参加者の中からスタッフの満場一致で選ばれた。

2014年、『ハピネスチャージプリキュア!』で白雪ひめ/キュアプリンセス役に起用される。共演者の中には大学の同級生でもある長谷美希が出演している。

2017年、第11回声優アワードで助演女優賞を受賞する。

まず、一般公募から女優としてデビューされています。さらに100人以上のオーディションで満場一致での選考のほか声優アワードでも賞を受賞されるなど実力は折り紙付きだと言えます。

ただ、コネという事実を印象付けてしまったのは、良くも悪くもハンターハンターでの親子共演だったようです。

潘めぐみさん、ゴン役は実は三代目で、パイロット版では松本梨香さん、二代目は竹内順子さんでした。

ゴンの母親代わりであるミト役を、実の母親である潘恵子さんが担当。

潘恵子さんのミト役があまりハマっておらず、明らかに裏で親子共演を絵にかいた力が働いたと噂されるようになってしまったんです。

ま、ミトさんはほとんど登場しないので共演時間は短いんですが、ファンからは確かにそう捉えられても言い訳ができないかもしれないですよね。

スポンサーリンク

しかし、潘めぐみさん自身はちゃんと実力で勝ち取った役ですから、逆コネ?に当たるのかもしれないですし、下手だという声もあるようですが、そうは思いませんね。

他になんでこの人がこんなに主役を張っているの?と感じる下手な声優さんは多いです。若手の中ではかなりうまいほうだと思います。

どんなに有名で上手い声優さんでも必ずアンチはわきますからね。

家庭教師が母親で声優なわけですから、下手になるわけがないような気もしますし。

ただ、少年役のときは安定感がありますが、女性役のときはまだ核となる部分が定まっていないような気がしますね。個人的見解ですが。

父親は誰?

潘めぐみさんの母である潘恵子さんは、潘めぐみさんが小さい頃に離婚されたようで、母子家庭で育ったようなのです。

現在は再婚されているそうなので、潘めぐみさんには父親は2人いるということになりますね。あくまで戸籍上は1人ですが。

ただ、父親に関する情報は一切なく、国籍も不明でした。

潘めぐみさんの本名からして同じ台湾人な気もしますが、真相はやぶの中です。

なので、さきほどクウォーター以上と言いましたが、そもそも潘恵子さん自身もハーフなのかが分かっていません。台湾人の親をもつという情報しかありませんので、片方なのか両方なのか不明なんです。

ただ、日本で東京都で育っていることは間違いありません。

こういった家庭環境があったからこそ、結婚に抵抗があり、未だ独身なのかもしれないですね。

ウルトラマン

潘めぐみさんはウルトラマンのガチオタクらしいのです。

潘めぐみさんは、ガチオタと言って差し支えないハマりっぷりです。

すでにウルフェスに参加してヒーローズ「ULTRAMAN」というサイトに寄稿もしていました。

タロウの背中を見て「はぁー…抱きしめたい。」、
ティガとの握手で「ほんの一瞬が永遠に感じるというのは、まさにこのことか…!」と。

こんなセリフ、ガチ勢でなければ出てきません。

このガチさ加減が功を奏したのか、『ウルトラマンジード』で主人公・朝倉リクの心強い相棒・ペガッサ星人ペガ(CV:潘めぐみ)役を射止めます。

番組初となるキャラクターソング「おうえんだん1号」の発売も決定しうれしい限りだと思われます。歌手活動としても順調なようです。

ニンニンジャー

藩めぐみさんは声優や歌手だけではなく女優でもあるんです。

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の(ミドニンジャー/九重ルナ/十六夜九衛門役)で出演されているんです!!

Vシネマ『帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS』のDVDとBlu-rayリリースもされており、ますます勢いがついている印象です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.