【現在と今後】渋谷すばるの関ジャニ∞脱退日とジャニーズ退所日はいつ?

リンク広告

関ジャニ∞を脱退し、ジャニーズ事務所まで退社することを発表された「渋谷すばる(しぶたにすばる)」さんですが、実際に活動を終える日はいつなのでしょうか。

また、渋谷すばるさんの今後と現在の仕事活動の内容とは一体どのようなものなのでしょうか。本人が脱退報道を受けて行った会見の内容を主に考察します。

2018年4月13日にフライデーが上記を報じ、一時はデマ報道と噂されていましたが、2018年4月15日に緊急公式会見を開き、事実であったことを発表されました。

渋谷すばるさんは、2002年に関西ジャニーズJr.のメンバーで関ジャニ∞を結成した際のメンバーの1人で、関ジャニ∞では主にメインボーカル、リズムギター、ブルースハープを担当されています。

まず、なぜ、このタイミングで脱退、退所という道を選ばれたのでしょうか。

渋谷すばるは、なぜこのタイミングで脱退、退所したのか?

2018年2月15日に渋谷からジャニーズ事務所に「音楽を追求するために海外を拠点に生活していきたいので、事務所を辞めたい」と申し入れがあり、同2018年4月10日を期限にメンバー間などで話し合いが行われた結果、事務所側が意向を受け入れる形となった。

関ジャニ はすでに発表されているベストアルバム『GR8EST』(2018年5月30日発売)をひきさげ、2018年7月15日からスタートする全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)も決定している。

そんな状況で、今、わざわざ辞める必要はあったのでしょうか。関ジャニ∞としてもジャニーズ事務所が推してく年だということは理解できていたはずです。そうであれば、影響を考え、一息ついてから脱退といってもいいように思えます。

やはりそう思っている人は私だけではないようです。

渋谷すばるさんがジャニーズ事務所を退所する日は、2018年12月31日

どうも不可解なことが多いのだ。

渋谷がジャニーズを退所するのは、2018年12月31日だという。

ならばなぜ、7月15日からスタートする全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)に出演しないのか。

しかも、そのツアーは関ジャニ∞のデビュー15周年イヤーの皮切りとなる記念ライブだ。ファンの前で歌うことなく、会見だけであっけなく終わるのは、あまりに寂しい。

そうなんですよ。まず、ジャニーズ事務所を退所する前にライブには関ジャニ∞として出演できるんです。

スポンサーリンク

つまり、渋谷すばるさんの現在はジャニーズ事務所に所属していながら、何の活動もしないんです。

【脱退報道会見の内容を抜粋】

――せめて今年いっぱいとか、あるいはコンサートツアーが終わるまでやるという決断はなかったのか? なぜこのときなのか?

渋谷「自分の意思が固まったのが今年の1月くらいなので、自分の中でそういったことが固まった以上は事務所にもなるべく早くお伝えしないと、もし今後いろんな仕事が頂いてたり、決まってたりしたならば、どんどんご迷惑が大きくなるだけだなと思ったので、お伝えしたんですが、自分がお伝えしたときには、もうアルバムの制作だったり、ツアーの制作が始まっていた段階だったので、その段階で自分が把握しているすべての仕事はやらせて頂きますという意思でお話させて頂きまして、あとは事務所の判断もそうですし、実際活動していくのは6人のメンバーなのでそこはお任せしますという話をしました」。

――せめてコンサートがおわった後という判断は?

渋谷「コンサートの制作始まっていたので、すべて終わるまでは僕が責任持ってやらさせてくださいということでお伝えさせて頂いたんですが」。

これまでの人生のなかで「今までも曲をつくることはしたので、音楽を勉強するなかでそれを形にしていこう。なにかしらの形で発表するのかはわからないですが、ゆくゆくはそういうタイミングや機会があればいずれはできたら。引退ということではない」といい「音楽というものをちゃんと勉強したことがない。そういった音楽の学校なのか、いろんなところへ行って学びたい」と語学も含め学んでいきたいと告白。具体的な場所は検討するとのことで「とりあえず英語圏の方がいいかなというのは漠然と思っている」と明かし「音楽を学びながら自分のなかから出てくるものを音楽として形にしていけたら」と今後の方向性を示した。

「メンバーたちは1年ほど休業して戻ってくればいいというかなり甘い提案もして、脱退を止めようとしたそうですがすばるくんはそれもNOだった。英語をしゃべれるようになりたいとのことだけど、本当に学びたかったら語学でも音楽留学も休業してできるはず。“どうしても関ジャニ∞という冠を外したい”というのが第一の目的にしか見えず、ツッコミどころが多い会見でした」

では、このタイミングを選択した理由とは・・・

なぜこのタイミングかを考えれば、関ジャニが絶頂期にある時を選択したにすぎない。

コンサートツアーも決まった中での脱退といった注目度が高い分「今」というタイミングは申し分ない。

なるほど・・・つまり、人気絶頂で辞めていったほうが今後の仕事活動につながると判断したんですね。

山口百恵さんのようなパターンですかね。ちょっと古いですか(笑)

プロのスポーツ選手の引退でよくあるパターンですね。ファンから見ている分にはまだまだ余裕に感じられますが、本人は実は限界を感じていて引退を発表。ファンはまだまだやれると思っているから、ファンの中ではもっとやれたのにもったいないという評価になる。

そんな感じですかね?

でも、コンサートぐらいには出演してもいいと思いません?ファンにとっては見てみたいでしょうし。

これには、ジャニーズ事務所の黒い噂があるようです。

スポンサーリンク

渋谷すばるさんが関ジャニ∞をを脱退する日は、2018年7月14日?

上記でも説明した、全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)は、2018年7月15日からスタートする。

しかし、渋谷すばるさんは参加しない。明確に渋谷すばるさんが関ジャニ∞を脱退する日は明らかにされていなが、このツアーには参加しないことが決定しているので、事実上、2018年7月14日が脱退日になるだろう。

バラエティーには出演するとはしているので、厳密には「ジャニーズ事務所の退所日=関ジャニ∞を脱退日」になる。

しかし、テレビは収録ですから、何時とられたものかも不明ですし、その可能性を薄くしているのが、以下のジャニーズ事務所の黒い噂なんです。

「関ジャニ∞を育てたジュリー副社長は、最後まで自分の意思を貫いて考えを変えなかった渋谷に激怒。

辞めていく渋谷にばかりスポットライトが当たることが許せないため、ドームツアーに参加させないことにしました。

当然、ジャニーズ事務所としてはそのような説明はできないため、

『メンバー全員で決めた』

『渋谷を除くメンバー全員で決めた』

など、事務所の意思は介在していないと強調しています。

SMAPの時のように、事務所が強権を振るったとファンからバッシングを浴びることを恐れているのですよ」

あくまで噂なんですが、明らかに時系列的におかしいので疑ってしまうのは当然かと思います。

ファンとしては、急な展開で、渋谷すばるさんの関ジャニ∞としての最後をこの目に焼き付けておきたかったところもありますが、下手をすれば今後、ファンの目の前には登場しない可能性もでてきました。

関ジャニ∞やメンバーに対する愛着はある渋谷だが、高圧的なジャニーズ事務所にはすっかり愛想を尽かしてしまったようだ。

その気持ちがはっきりと出たのが、会見で放った「(ジャニーズ事務所の先輩の中で)目標とする方がいたら、辞めてないと思います」という一言だ。

「この発言を受けて、ジュリー副社長らもさすがに怒り、呆れているとか。いまや渋谷は、目の敵のような存在になってしまいました」

【脱退報道会見の内容を抜粋】

――ファンの方の前であいさつをするのはコレで最後?

渋谷「ですかね。今後の残された活動でその中でどんなことをやっていくかっていうのもこれからなので、なんとも言えないところもありますが」。

この発言は、ジャニーズ事務所からのライブツアー出演禁止を受けて、渋谷すばるさんがが発言しものなのかは不明です。

一方、ライブ出演禁止は、ジャニーズ事務所に尊敬する先輩はいないとの発言を受けてジャニーズ事務所側が渋谷すばるさんに下した処分なのかも不明です。

鶏が先か卵が先かと言う問題ですね。

どちらにせよ、渋谷すばるさんは、完全にジャニーズとは縁を切りたいようです。

渋谷すばるの今後の活動は?

今後、関ジャニ はすでに発表されているベストアルバム『GR8EST』(5月30日発売)を控えているが、同アルバムが7人体制最後のリリース。

15周年イベントは来年8月まで継続するが、7月15日の札幌公演からの5大ドームツアー『関ジャニ’s エイターテイメント GR8EST』は6人体制で行っていき、収録されるバラエティー番組などは渋谷も継続して出演。

なお、ファンの前であいさつする機会は未定とした。

では、2018年12月31日以降、つまり、2019年の活動はどうするのでしょうか。

2018年2月15日に渋谷からジャニーズ事務所に「音楽を追求するために海外を拠点に生活していきたいので、事務所を辞めたい」と申し入れがあり、同2018年4月10日を期限にメンバー間などで話し合いが行われた結果、事務所側が意向を受け入れる形となった。

関ジャニ はすでに発表されているベストアルバム『GR8EST』(2018年5月30日発売)をひきさげ、2018年7月15日からスタートする全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)も決定している。

0

SMAPが良い前例になっていますよね。SMAP騒動の一件があった以上、確かに日本での活動は難しいように思えます。

では、もう少し詳しく、脱退報道会見の内容から見ていきたい。

脱退報道会見の内容から見る2019年の活動内容

2018年2月15日に渋谷からジャニーズ事務所に「音楽を追求するために海外を拠点に生活していきたいので、事務所を辞めたい」と申し入れがあり、同2018年4月10日を期限にメンバー間などで話し合いが行われた結果、事務所側が意向を受け入れる形となった。

関ジャニ はすでに発表されているベストアルバム『GR8EST』(2018年5月30日発売)をひきさげ、2018年7月15日からスタートする全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)も決定している。

1

長いですよね。要はですね・・・ノープラン!!!

私も何回も聞いて見ましたが、今後の活動内容について薄い薄い。

関ジャニ∞を脱退して、ジャニーズ事務所も退所して、今後の活動はノープラン!!!なんてことは一般人では考えにくいですよね。

サラリーマンを36歳で辞めてとりあえずニートをするなんてことは普通はありえませんしね。

ただ、違うところは、今までの仕事活動で一生食っていはいけるお金は稼いでいるでしょうから、金銭的困窮になる可能性がないところぐらいです。

なかなか36歳にして決断できることではありません。2019年、渋谷すばるさんは海外から日本へ音楽を届けてくれるのか、音楽シーンから姿を消してしまうのか、よもや2019年以降の活動のほうが気になりますね。

渋谷すばるさんはいつから脱退を決めていたのでしょうか?その真相に迫ってみましたので、ぜひごらんください。

・「【報道会見真相】渋谷すばるの脱退と退所の本当の理由!いつから決めていた?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.