猪狩ともかの現在・・・事故が原因で復帰は絶望的。今後の活動は?

リンク広告

仮面女子やスチームガールズのメンバーである地下アイドル「猪狩ともか(いがりともか)」さんの悲惨な事故が起きたのは2018年4月11日。

猪狩ともかさんの現在は・・・脊髄損傷で車椅子生活を余儀なくされているそう・・・復帰は絶望的ともいわれる中、今後の活動について迫ります。

2014年5月からアリスプロジェクト所属、スライムガールズのメンバーとして芸能活動開始。2017年2月26日に仮面女子加入式。2017年9月8日に念願だった埼玉西武ライオンズの始球式を務めた。

地下アイドルの中でも相当な苦労人で、デビューまで1004日という下積み生活をしていたことから、ファンも多かった猪狩ともかさん。

西武ライオンズの始球式を務めるほどの知名度となり、順風満帆に見えた彼女に何があったのでしょうか。

看板が当たる不慮の事故で病院へ緊急搬送。

2018年4月11日午後1時45分ごろ、東京都文京区湯島1丁目の湯島聖堂の敷地内にあった案内板が倒れ、近くの歩道を歩いていたアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)にぶつかった。

警視庁本富士署などによると、猪狩は病院に搬送され、腰の骨を折るけがを負ったとみられる。

本富士署などによると、案内板は木製で、縦2・8メートル、横3・8メートル。

強風で飛ばされたとみられ、倒れていた猪狩を通行人が見つけ、通報した。この日、猪狩は劇場公演には出演していなかった。

完全な不慮の事故だと思われます。この事故については、地下アイドル活動中などではなく、プライベートな状況で起こったものです。

しかし、これが・・・今後の活動に影響を及ぼすことになります。

当初は怪我の入院だと思われていたが・・・

スポンサーリンク

2018年4月12日公式HP

「報道にあるように看板が倒れ本人にあたりケガをしました」と報告。

「現在まだ緊急手術中になります。本人がオフ中での事故だったこともあり、弊社も状況を把握するのに時間がかかり、ご報告が遅れましたこと申し訳ありません。現状ご報告できることは以上となりますので、またご報告できる状態になりましたらご家族と相談の上、皆様にご報告させて頂きます」とつづった。

その後・・・手術は終了し、ICU(集中治療室)で絶対安静の状態だという。

「現在、本人はICUにて絶対安静のためご家族の方しかお話できな状態です」とし、当面の間、猪狩は芸能活動を休止するとしている。

良かった・・・手術は成功したんだ・・・

多くのファンがそっと胸を撫でおろしたでしょう。情報を少し聞いただけでは、看板が当たって病院に運ばれた?手術したらしいよ?レベルだったと思います。

芸能活動を休止も当たり前ですよね。ちゃんと静養して戻ってきてくれればいいですから。ファンとしては待つことしかできないですが。

猪狩ともかさんの現在は、脊髄損傷で車椅子生活

しかし、ファンに待っていたものは、なんと・・・猪狩ともかさんがもう立てないという悲報でした。

2018年5月7日に公式ブログに報告された内容を見てみると・・・事故の状況から現在の状況までが詳細に語られていました。

(一部抜粋)

私は4/11(水)に強風で倒れた看板の下敷きになってしまうという事故に遭いました。

私はいつものように歩道を歩いていました。

突然強い風が吹き、建物の大きな看板が倒れてくるのがわかりました。看板があまりに大きすぎてとっさに避けることはできませんでした。

気付けば看板の下敷きになっていました。

出せる精一杯の声を振り絞って「助けて…!」と口にしました。その時はとにかく苦しく、早く楽になりたいという思いでした。

それからすぐのことだったと思います。通行人の方が看板を持ち上げてくださって、救急車に運ばれました。

後から聞いたお話では、看板は建物の敷地を飛び越え歩道全体に覆いかぶさっていた状況だったそうです。

それから緊急手術を受け、ICU(集中治療室)に入院しました。

その後、HCU(高度治療室)を経て現在は一般病棟に入院中です。

主に負った怪我は、

・瞼裂傷
・頭部挫創
・骨折(脚、肋骨、胸椎、腰椎)

そして、

・脊髄損傷
その影響で両下肢麻痺。

私は歩くことはもちろん、自分の力で脚を動かすことすらできなくなってしまいました。

スポンサーリンク

治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活を余儀なくされました。

体調・怪我は徐々に良くなり、今は自立した車椅子生活を送れるよう毎日リハビリに励んでいます。

退院は今から約3ヶ月後の予定です。

でも私自身、状況を把握・受け入れるのに相当な時間が掛かりました。

主治医から私への説明は、

「脚の感覚が戻るのには個人差があるので何とも言えません。とにかくリハビリを頑張ってね。」とのことでした。

脊髄損傷について無知な私は、

「数ヶ月で治るのかな?」
「復帰のステージは笑顔でファンの皆さんに会いたい!」

「また始球式をやらせて頂ける機会があったら次こそノーバウンドで!」

なんて、ベッドの上で考えていました。

私には【脚が動かない】という未来が見えていなかったんです。

精神科医とも色々お話をしました。
突然 脊髄損傷で脚が動かなくなった患者に対しては、主治医と共に精神科医もつくそうです。

きっと家族や事務所、病院の先生方は私がショックを受けないように細心の注意を払ってくれていたと思います。

周りの反応や発言でだんだんと自分が思っているのと違うと感じたのは、HCUに移ってからのことでした。

私は歌も踊りも特別上手くはないけど、ステージに立ってライブをして楽しんでくださる皆さんの笑顔を見ると、またそれで自分が笑顔になって…

ファンの皆さんのおかげで“アイドルの猪狩ともか”でいることができる。そんな時間が大好きです。

だからもちろん【ステージ復帰】を目指していました。

“歌って踊らなくなる時 = 卒業”
としか考えたことがなかった私は、踊れない猪狩ともかを想像することができなくて。

そんな状態の私に需要はあるのか。いったい何ができるのか。

絶望しました。

2018年4月11日午後1時45分ごろ、東京都文京区湯島1丁目の湯島聖堂の敷地内にあった案内板が倒れ、近くの歩道を歩いていたアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)にぶつかった。

警視庁本富士署などによると、猪狩は病院に搬送され、腰の骨を折るけがを負ったとみられる。

本富士署などによると、案内板は木製で、縦2・8メートル、横3・8メートル。

0

まだ、アイドルとしてステージに立つ可能性はあります。ありますが・・・かなり確率は低いようです。

しかし、ステージに立って踊るという行為は絶望的ですが、アイドルとして活躍することは何のハードルもありません。

車いすだってアイドルですからね!!もう、こうなったら、車いすアイドルとして先駆者になってほしいですね。

もちろん、始球式で投げている姿もみたいですし、ステージで踊っている姿も見たいです。私はずっと応援しています。

だって、自分の不注意でもないのに・・・こんな仕打ちはあんまりです。復帰を心から祈っています。

今後の活動

2018年4月11日午後1時45分ごろ、東京都文京区湯島1丁目の湯島聖堂の敷地内にあった案内板が倒れ、近くの歩道を歩いていたアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)にぶつかった。

警視庁本富士署などによると、猪狩は病院に搬送され、腰の骨を折るけがを負ったとみられる。

本富士署などによると、案内板は木製で、縦2・8メートル、横3・8メートル。

1

2018年4月11日午後1時45分ごろ、東京都文京区湯島1丁目の湯島聖堂の敷地内にあった案内板が倒れ、近くの歩道を歩いていたアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)にぶつかった。

警視庁本富士署などによると、猪狩は病院に搬送され、腰の骨を折るけがを負ったとみられる。

本富士署などによると、案内板は木製で、縦2・8メートル、横3・8メートル。

2

猪狩ともかさん本人も諦めていません。

この状況でやりたいことがきりないほど上げられる人がどれだけいるでしょうか。

私だったら毎日家で泣いて、誰かに当たって一生を終えるかもしれません。ほとんどの方はそうではないでしょうか。

そういう意味では、猪狩ともかさんほど強い女性はいませんよ。

まだ、リハビリ中ということで、退院もされていませんので、安直なことは言えませんが、早く猪狩ともかさんがアイドルとして復帰されることを祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.