【引退】吉澤ひとみが飲酒運転ひき逃げ逮捕!過去に弟は交通事故死

元モーニング娘。の「吉澤ひとみ(よしざわひとみ)」さんが、2018年9月6日、警視庁に逮捕されました。

その容疑は、「酒に酔ってひき逃げ事件をおこし、ひき逃げの疑い」だそうです。この事実が本当であれば、芸能界を引退する可能性もあります。

また、吉澤ひとみさんは実の弟を交通事故で亡くされています。そんな悲しい過去がありながら、なぜ、飲酒運転、それもひき逃げなんてことになってしまったのでしょうか。

「よっすぃー」、「よっちゃん」こと、吉澤ひとみさんは、モーニング娘。の元メンバーで、脱退後も個人タレントとして芸能活動を続けていました。

2015年には結婚し、男の子を出産。ママタレントしても活躍されていた矢先の飲酒運転報道。

そして逮捕。その真相にせまります。

吉澤ひとみが飲酒運転ひき逃げ逮捕の概要

警視庁は2018年9月6日、吉澤容疑者(33歳)を自動車運転処罰法違反、過失運転致傷、酒気帯び運転、ひき逃げの疑いで逮捕した。

午前7時ごろ、中野区東中野の路上で酒に酔った状態で乗用車を運転中に赤信号の交差点に進入。

吉澤容疑者は容疑を認めているということです。

既に逮捕されているので、吉澤ひとみさんではなく、「容疑者」となるわけですが、逮捕までいった理由は、当然ながら「逃げた」ことでしょう。

スポンサーリンク

事故現場は東京都中野区東中野の都道の交差点

現場は、東京都中野区東中野の都道(JR東中野駅前)で、片側2車線(直線道路)の交差点。

被害者は、20代女性1名、40代男性1名の計2名

酒に酔った状態で乗用車を運転中に自転車で横断していた20代女性をはね、はずみで女性の隣を歩いていた40代男性も転倒させ、それぞれに軽傷を負わせて逃げた疑いがある。

つまり、直接的な被害者は、女性1名ですが、その女性1名が追突された衝撃で、歩いてた男性1名に衝突。

玉突き事故のようなかたちではありますが、被害者としては2名ですね。

被害者の状況

被害者は、2人とも軽傷だそうです。

吉澤ひとみさん本人が警察へ通報

吉澤容疑者は約15分後、「自転車をひいてしまった」と自ら110番通報。車を運転して現場に戻り、警察官の調べに対して容疑を認めたという。

自分で通報したとはいえ、逃げたという事実は変わりません。

仮に被害者が重症だった場合、その15分が生死を分けますからね。

所属事務所「ジェイピィールーム」の対応

吉澤ひとみさんは、現在、ジェイピィールームに所属されています。

吉澤ひとみの所属事務所は6日夜、謝罪コメントを発表。「吉沢ひとみの報道に関して」として「本日18時ごろ、弊社所属タレントの吉沢ひとみが逮捕されたことを確認致しました。現在報道されている内容等、全ての事実関係を確認中であります」と報告。

さらに「このような事態となりましたことは誠に遺憾であり、この度の件でご迷惑をおかけしている全ての皆様に所属事務所として心よりお詫び申し上げます」とした。

吉澤ひとみさんは過去に交通事故を起こし謝罪

スポンサーリンク

実は、吉澤ひとみさんは、この飲酒運転以外でも交通事故を起こしています。板橋区内の交差点で、普通乗用車を運転中に貨物自動車と衝突する事故を起こしています。

吉澤は2017年9月29日にも車を運転中に衝突事故を起こしたばかりだった。

その時は10月5日のブログで「私事でお騒がせいたしまして、申し訳ございません」と謝罪。

事故について「一部報道にありましたとおり、先月29日、私が運転する自動車が対向車と衝突する事故を起こしました。

事故後、私は、そのまま現場に残り、駆けつけた警察官に対応しました。現在、警察が当時の状況を調べており、私もこれに最大限の協力をしています」と状況を説明した。

事故により、運転していた男性が足を負傷したことについては「対向車に乗車されていた方、お仕事の関係者の方々には、ご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます」と重ねて謝罪していた。

どちらも軽ではありますが、この謝罪した事件は、あくまで今回の事件とは別です。

今にして思えば、運転能力としては乏しかったのかもしれませんね・・・。

吉澤ひとみさんは、実弟を交通事故で亡くされている

吉澤ひとみさんは、モーニング娘。在籍時に実の弟さんである「吉澤弘太(よしざわこうた)」さんを交通事故によって亡くされています。

日刊スポーツの2007年1月13日の報道などによれば、吉澤容疑者の実弟・弘太さん(当時16)は東京・新宿の交差点で普通自動車にはねられ、11日未明に搬送先の病院で息を引き取った。

弘太さんは自転車に乗っていたという。

訃報を知った吉澤容疑者の様子について、「スタッフが事情を聴くため連絡しても、親族が対応するだけで、吉沢は会話ができないほど泣き崩れ、落ち込んでいる」。

容疑者は道路交通法違反と業務上過失致死傷の疑いで逮捕された。逮捕された犯人は専門学生(当時20歳)。

警視庁牛込署によれば、アルコールは検出されず、同乗者はいなかった。

吉澤ひとみは当時21歳でした。世間的に見れば、大学生です。そのショックは想像するに堪えません。

今回は、その逆、つまり、吉澤ひとみさんが加害者になってしまったわけです。

本来であれば、実弟が交通事故で亡くっている以上、絶対にそうなってはいけないところです。

世間の声

この状況について、世間の声はやはり厳しいようです。

  • 「弟が交通事故で亡くなってる経験をしているのに飲酒運転のうえひき逃げってどういう神経してるんだ。めちゃくちゃ悲しい」
  • 「交通事故で弟さんを失ったあなたが飲酒運転をしてしまった事がショックだし、ましてひき逃げなんて。信じたくない」
  • 「弟さんは交通事故で亡くなってるんじゃ無かった?何考えてんだよ…」

当然の反応ですね。

芸能界引退の可能性大

今回の報道で、吉澤ひとみさんが芸能界を引退する可能性がでてきました。

というのも、まず、この報道が真実だとすれば、罪が重いことです。

飲酒運転の時点で、一般のサラリーマンであれば、即クビです。今の時代、公務員でも懲戒免職という名のクビになります。

まだ、飲酒運転だけであれば、「謹慎」という可能性もあったでしょう。

しかし、「ひき逃げ」という事実が重くのしかかります。

2人の被害者は軽傷とはいえ、それはあくまでたまたま軽傷だっただけです。もしかすれば、2人とも死亡していた可能性だってあります。

さらに、2017年に本人が起こした交通事故を重ねると、自分の運転能力の無さを自覚しておきながら飲酒運転をしてひき逃げをしたということになります。

もちろん、責任は吉澤ひとみさんがとおるべきですが、管理者である事務所の責任も問われるかもしれません。

仮に謹慎として、すぐ復帰させようものなら、世間からは非難されることは明確です。だからといって、謹慎が長いと吉澤ひとみさんは、現在33歳という年齢ですから、タレント生命が終わってしまいます。

以上から、まだ、事務所や本人の意向は確認できない状況ですが、事務所の謹慎、解雇のレベルではなく、芸能界を引退する可能性は非常に高いと思われます。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.