後藤邑子が病気で死去はデマ!現在は復帰?バイク?裏名義?松来未祐?漫画?

アニメ声優の後藤邑子(ごとうゆうこ)さんの現在について紹介します。

過去には、大ヒットアニメの「コードギアス 反逆のルルーシュR2」(アーニャ・アールストレイム)、「ひだまりスケッチ』」(ヒロ)、「涼宮ハルヒの憂鬱」(朝比奈みくる)を担当し飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼女の身に何が起こったのでしょうか?

プロフィール

・愛称:ゴトゥーザ様、むらこ、ぽんこつ、ゴトゥース
・出身地:愛知県清須市
・誕生日:1975年8月28日 (現在42歳)
・血液型:O型
・身長:160 cm
・事務所:アクセルワン

病気で死亡はデマ!

ネット上では、後藤邑子が病気で死去したのではないかという噂が蔓延しているようですが、その情報を検証しましたのでご紹介します。

病気って?

後藤邑子は自己免疫疾患という持病を持っており、中学時代には中学時代に突発性血小板減少性紫斑病という国指定難病に罹患する。

主治医より数年後生存率の低さを告げられていましたが、奇跡的に寛解。

しかし、2009年頃より体調が悪化し、以降安静を心掛けていたものの、プロの声優としての業務に集中する中、2012年5月18日に入って所属事務所の強い勧めで入院したところ全身性エリテマトーデスと診断。

2012年に入院のため無期限の休養期間に入った。

入院中もブログは更新しており、心肺機能低下により危篤状態であったこと、治療に最短で2か月半かかることを報告。

そのためしばらくは病院と仕事場を往復する生活が続き、「治療を続けて少しずつ回復しています」という投稿が2013年6月15日にされました。

病気の重たさや心肺機能低下により危篤状態という情報が先行し、死んだのではないかという噂が流れてしまったようですね。

確かに、国指定の難病ともなれば、治ることは絶望的ですし、治療方法も確立されていないことが多いですから、言いたくはないですがどのみち先は見えているという憶測もあったんでしょう。

しかし、彼女は生きています。

死去はデマです!!

スポンサーリンク

その証拠に、現在もライブ活動ができるレベルに回復されています。つまり、完全にガセネタです。

現在は復帰?

闘病の末2014年に退院し、現在は声優として復帰している。これらの経緯については自身のブログ「TSUBUYAKI」にて都度書かれている。

2015年以降、活動を再開してはいますが、なかなか両立は難しいのか、それともブランクからなのか、仕事量はそこまで多くありません。

再発も考えると、そこまで無理はできないですし、健康第一で活動してほしいですね。

漫画?

この闘病生活を漫画と文章で書くことに挑戦しているようです。また、講演会なども開催されているようです。

声優活動とは別に、病気を患ったことで、新しい扉が開けたんですね。正直、こういう活動が広まっていくと、同じような病気にかかった人の支えになったり、勇気をもらえたりしますから、活動の幅をどんどん広げていってほしいですね。

スポンサーリンク

バイクオタク?

かわいらしい見た目とは裏腹に実はバイクマニアで、中型自二輪免許を所有しています。

アフレコ現場までバイクで通勤していた事もあったそうですが、事務所から禁止令を出されてしまいました。現在は持病の影響もありバイクは手放し、2014年に普通自動車免許を取得しています。

大事なバイクに乗れないというのも悲しいことですが、病気があるのであればそちらを優先しなければなりませんからね。

当然といば当然ですが、声優でバイクに乗っている人も少ないはずです。そもそも女子ですからね。

漫画声優がいけたならバイク声優もいけると思うので、復帰後の活動にはもってこいなのに少し残念ですね。

ちなみに写真のバイクは、「HONDA CB400SuperFour」です。

裏名義は黒歴史?

実は、そんな後藤邑子さんも過去には黒歴史?が存在します。それは、裏名義での活動です。

後藤邑子さんの源氏名、裏名義はかなり多いです。
後藤邑子さんの源氏名、裏名義は「九条信乃、柳井流海、籐野らん、市井佐絵、藤野らん、藤木類、市井紗和、西岡えり子、桜木あおい、三田菊子、立花舞」だったりします。
一人で何と11個以上の源氏名、裏名義を所有しているのです。
このような名前で出ている作品は「真剣で私に恋しなさい!」や「星空へ架かる橋AA」があります。
「真剣で私に恋しなさい!」では「李静初役」、「星空へ架かる橋AA」では「長瀬湊役」で登場していますのでご興味がある方はぜひ調べて頂けたらと思います。

いやいや、裏名義が多すぎますよ。どれだけ活動してるんだって話です。

仕事の一部ではありますが、ちょっと悲しいですよね。いや、うれしい人もいるのか。

松来未祐への想いが泣ける?

『ひだまりスケッチ』で吉野屋先生として後藤と共演していた声優の松来未祐。彼女は難病を患っており2015年10月に入院先の病院で亡くなりました。他の作品でも共演はあったものの遊びに行くような仲ではなかったそうですが、同じ闘病を続けている人間として後藤に連絡があったそうです。

「君が好きだと叫びたい!てゆうか何度も叫んだ!」というタイトルで松来への想いを投稿しており、友人として仲間として好きな相手に先立たれるのは悲しく愛情を感じます。

実は、世界仰天ニュースで取り上げられ、放送もされているので、名前は知らなくても、記憶にある人も多いのではないでしょうか。

声優の松来未祐さんは、1977年9月14日生まれですから、後藤邑子さんよりも2つ年下になります。

彼女よりも年下の同僚がなくなるということは、それだけで悲しいことですし、同じ闘病生活を送るうえで支えあった仲間でしょうから、思いはそれだけ深いはずです。

それにしれもやるせないですね。

自分の持病と闘いながら、同僚が病気で死去したことを乗り越え、現在も声優活動に邁進している姿にはただただ感服です。

今はまだ昔ほどの活動範囲ではありませんが、昔のようにアニメの主役級をバンバンはっていってほしいですね。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.