星野源がブサイクなのにイケメン扱いすぎて人気の理由がわからない!

どうも!ブサイクすぎる芸能人のイケメン扱いに違和感を抱いている者です!!

今や、「星野源(ほしのげん)」さんを知らない人はほとんどいないでしょう。仮に顔を知っていなくても、「恋」という歌を聞いたことがないという人は、いないはずです。

今や俳優、声優、歌手としても活躍されている星野源さんなんですが、顔だけを見たとき・・・イケメンじゃなくね?って正直、思いませんか?顔以外は優秀なんて声もきかれるぐらいです。

人気の理由が歌でファンになったなら理解できますが、私は顔面が大事なタイプなので、どうしても爬虫類顔が苦手です。

芸能人ではなくても、ブサイクだと思う人、イケメンではない人がイケメン扱いされていると、どこが?ブサメンのくせにって思いませんか?別にその人が嫌いとまではいいませんが、なんか嫌いな顔とか嫌いな目つきってありますよね。

そこで今回は、芸能界でイケメンともてはやされている人をかっこよくない、かっこよさがわからないという人に寄り添っていきたいと思っています。

星野源が自ら認めた容姿

星野源さん自身、自分の容姿についてあまり前向きに捉えられていないことが分かりました。

スポンサーリンク

それは、ご自身のインタビューを見てもらえればと思います。(一部抜粋)

「30ちょい前くらいまで、自分に自信がまったくなかったですね」

「例えば10代のときとかも、思春期モテたいとか思うわけじゃないですか。でも容姿、顔とかね、スタイルとか、自分のファッションセンスとか、良いと思ったことは一度もないわけです。

朝、鏡で顔を見て変な顔だなあって(笑)。服着てても変な服だなあって思いながら(笑)。

親からも、あんたはブサイクだしスタイルも良くないから、人の3倍努力しなさいって言われて育ったので、自信なんかもちようがないわけです。自分っていうものが人より劣ってるんだっていう風に思ってずっと生きてきたので」

星野源さん自身が自分のことをブサイクだと思うのは思春期あるあるなような気もしますが、両親から「あんたはブサイク」なんて言われてしまうと・・・私なら立ち直れないかもしれません。

もしかすれば、その一言がきっかけでグレてしまうかもしれないです。

今、思えば、”いやいや、あなたの遺伝子なんですけど”ってな話なんですけどね。

インタビューは続きます・・・

そんなネガティブさが加速していき……

「20代のとき、イケメンを憎むわけですよ(笑)。かっこいいものをまず憎むわけです。で、今度は、かっこいいものってかっこ悪いよね、みたいなことを言い出すじゃん(笑)。いちばん情けないパターン(笑)」

人からも嫌われる日々。

「かっこ良くはなれないんだけど、中身が変わることによってその人が変わるでしょ。」

これもあるあるパターンですよね。

イケメンは何をやっても成功するしな、と嫉妬するパターンです。その時点では、イケメンの努力なんて知ったこっちゃないですからね。

そんなこんなで、星野源さんは、幼少期より両親にブサイクだと言われ、本人も自覚しながらなりがった過去があったんですね。

星野源さんは現在37歳(生年月日:1981年1月28日)。身長も168㎝と決して高くありません。というより、日本男性の平均身長を下回っています。

星野源の幼少期もブサイク?

では、今の星野源さんは一旦置いておいて、幼少期の星野源さんはどうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

↑幼稚園ぐらいですかね

↑引きこもり時代

↑中学生から高校生

↑20歳前後ですかね

まとめると、こんにちに至るまで、一番ひどそうな時期はやはり思春期なような気がします。

子供の頃と20歳ぐらはブサイクというレベルでもないような気がしますが、思春期が圧倒的にブサイクですね。

これは、いくら熱狂的なファンでも否定できないはずです。

ま、大事なのは今現在ですからね。今の顔とほとんど変わらないので整形はしてそうにないです。

世間の評価もブサイク扱い?

そうこう言いながら、そんなの言っているのはあなただけでしょ?嫉妬してんじゃないわよ!って言われそうなので、一応、世間の評価を調べてみました。

2018年2月15日深夜放送のラジオ番組『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で紹介されたアンケートによると・・・

週刊誌が行った「美形というより“雰囲気イケメン”だと感じる有名人は誰ですか?」という30~40代の女性200名に聞いたアンケート。

アンケートの結果は、1位の綾野に続き、2位が俳優の高橋一生(37)、3位が星野だった。

これに矢作が「星野源はイケメンって言っちゃいけないだろ?」と苦言を呈すと、小木も「まったくのイケメンじゃない」と同意し、「ブサイクだよね、すごい。ヤバイよ。だって顔を見たら」と厳しいコメントをした。

さらに小木が、綾野と高橋は背も高くイケメンというのも納得できるとしたうえで、「星野源って小さくて、雰囲気がいいなんて思ったことない」と星野をこき下ろすと、矢作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での星野は雰囲気があったとフォローした。

しかし、小木は『逃げ恥』での星野は冴えない役で、イケメンには見えなかったと否定。さらに、ミュージシャンとしても「歌っているときもそんなにカッコよくないしね。変じゃん、歌ってるとき」「滑稽な感じじゃない?」と言い、矢作から「ずいぶん星野源を下に見てるね。小木は」と笑われていた。

小木さんのコメントはおもしろいので載せましたが、要は、世間の女性が思う雰囲気イケメンランキングで堂々の第3位なわけです。

雰囲気イケメンとは言葉を濁していますが、要は、ブサイクをごまかしてイケメン風に見せている人ということです。

とはいえ、まだ雰囲気イケメンだと言われるだけブサイクではないということですが。

あなたはどう感じられたでしょうか。

とはいえ、これは完全なる私の嫉妬です。だって、私もイケメンだと思わない人がテレビにでまくっているわけです。

恋ダンスなんて一緒に踊っちゃってるわけで、コンサートのチケットも争奪戦でなかなか取れません。確かに、容姿以外の才能は完璧と呼ばれる理由がよく分かります。

あのガッキー(新垣結衣)と付き合っているとまで噂されていますし、相当なプレイボーイなようです。そりゃ、嫉妬もするでしょ。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.