福田成美の内定就職先はテレビ局?アナウンサーとして下手すぎる?今後の展望

過去に、東京・銀座にある「サロン」にホステスとして“お水バイト”歴があると報道された、情報番組「グッド!モーニング」に出演中のテレビ朝日の女子大生キャスター「福田成美(ふくだなるみ)」さんの内定した就職先を調べました。

果たして、その就職先とはテレビ局のアナウンサーだったのでしょうか。

福田成美さんは、キャスターであってアナウンサーではありません。「グッド!モーニング」に出演されていますが、いちタレントであってテレビ局のアナウンサーではないのです。

モデルと読者モデルの違いのようなもので、雑誌やテレビなど公の電波に出演はされてますが、プロであるかプロでないかでは雲泥の差になります。

そんな彼女ですが、現在、青山学院大学経済学部在学中の22歳(生年月日:1995年10月30日)になり、所属事務所はなんと! あの「セント・フォース」になります。

出身高校は、千葉県立東葛飾高等学校で、東大合格者も出すほどの偏差値71の千葉県下でも有数の進学校だそうです。

在学中の2016年度にはミス青山学院大学グランプリに選ばれています。

内定就職先はテレビ局?

年齢的にもそろそろ就職先が公表されそうなものですが、一切情報がありません。

では、彼女は今、何をしているのかな~と思いテレビをつけると、そこにはなんと、今現在も普通にテレビに出ているではありませんか。

スポンサーリンク

島本真衣さん、松尾由美子さん、新井恵理那さんの3人と共演されています。

しかも、まだ大学は卒業しておらず在籍中とのこと。セント・フォースのプロフィール欄から確認ができますから間違いありません。

なんだ、就職浪人か・・・と思いきや、よくよく考えてみれば、もう既に大学在学中にテレビに出演しているわけですから、無職というわけでもありません。

よもや就職しているに近い状況になるという一般人とはかけ離れた特殊な環境に身を置いているようにも感じます。

テレビに当たり前のように出ているからアナウンサーと勘違いしがちですが、いちタレントに近いようなものなのですね。

環境的に見れば、内々定から内定の手前ぐらいの評価ですので、いつでもアナウンサーとして採用してもいいというレベルだと思われます。

しかし、それも過去の話。今現在はそういった立場にないようです。

ホステス時代のスキャンダル?

順調にアナウンサーへの階段を上っているかに思えた福田成美さんでしたが、大きなスキャンダルが報道されます。

2017年2月8日「週刊新潮」によると、福田キャスターは過去に東京・銀座にある特殊な「JBC銀座サロン」にホステスとして在籍していたことがあるという。

そのサロンの客層はベンチャー企業の社長や個人事業主など。

情報によりますと、会員制で経営されており、風営法で規制されるキャバクラと飲食店の位置づけであるガールズバーの中間に位置するお店であると言われています。

勤務するホステスには、アフター制度があり、会員の方に高級バーに連れて行って貰ったり、お泊り旅行に連れて行って貰うこともあるそうです。

入会金は75万円で、月会費が首都圏会員が84,000円、首都圏外会員が42,000円らしく、かなりのお金持ちの方が会員になっているようです。

会員の多くは大企業の管理職以上の方が大半を占めているらしく、ホステスは、早稲田、慶応などの一流大学に通う方が大半だと言われています。中には、慶応大学などのミスコン出身者もいるらしいです。

ホステスの待遇もよく時給は4,000円程だということです。一般庶民が、気軽に行けるような場所ではない事が分かりますね。

ホステスは全員素人で一流大学の女子大生ばかりで、中には客とゴルフに興じたり、海外旅行へ行く者もおり、さらに客は大手企業にツテがある人物が多いので、そのコネを利用して、就職にも有利なのだという。

まさかのイメージダウンの大スキャンダルが・・・それも2月と言えば、もう内定が出た大学4年生が遊んでいる時期です。取り返しのつかないタイミングが憎いですよね。

しかし、内容からすればイメージダウンは免れませんが、あくまでこれは週刊新潮が報じた噂なのです。

「新潮」では、“関係者”による証言で記事が構成されているが、当時の証拠写真などは掲載されていない。

つまり、福田成美さんが事実を認めない限り、噂は噂。疑わしきは罰せずの理論で逃げ切れる可能性が高いことが伺えます。

スポンサーリンク

本当に嘘であれば、テレビ局側も協力して擁護してアナウンサーとして採用すればいいんです。しかし、テレビ朝日ができない、慎重になってしまう理由があるんです。

田中萌アナウンサーの代役

福田成美さんは、田中萌アナウンサーの代役として今のポジションを獲得します。

田中萌アナウンサーは同じ局の加藤泰平アナウンサーと不倫報道がされ降板を余儀なくされました。

このことについては、別途まとめていますのでご覧ください。

・「田中萌は現在腹黒復帰!?2017年1月退社批判も今何してる?

・「加藤泰平アナの現在は退社ではなく異動!?嫁と離婚したの?

「テレ朝では不倫騒動の田中アナの後釜とあって、福田キャスターの起用にあたっては、彼氏や水商売でのアルバイト歴の有無を確認し、身体検査もしていましたが、結果的にすべてを調べ上げることができていなかったのでしょう。それがわかっていたら、最初から起用はしていなかったはず」(スポーツ紙記者)

しかしです。アナウンサーではないということは社員ではないんです。アルバイトのようなものなのです。

言葉は悪いですが、テレビ局からすればとっととクビにしてしまえば話は早いはずです。アナウンサーになりたい人なんて大勢いますから、そこから1人を見つけることは簡単です。

口が曲がってる?

福田成美さんは口が曲がっています。右側の方が高いです。

しかし、そもそも左右対称の顔をもっている人なんてごくわずかですから、ちょっと目立つだけで一般的なレベルだと思われます。

下手すぎる?

簡単にクビにされない方法は、人気があるか実力があるかのどちらかです。烏合の衆に負けない方法は地位の確立ですからね。

しかし、福田成美さんのの評価はアナウンサーとしては下手すぎるようなのです。

暗いし下手!

原稿を読むのが下手!

表情が硬くて暗い!

というような評判です。

しかし、だからといって簡単に切れないような関係にあるようなのです。

内定の密約

福田成美さんとテレビ朝日はどうやらまずい関係にあるとの噂があります。

「テレ朝では、『ミス青山コンテスト2016』グランプリで抜群の美貌を持ち合わせ、原稿読みもなんとか最近サマになってきた福田キャスターを、2018年4月に入社させたいのです。

『グッド!モーニング』で実績があるとなると、即戦力間違いなしですから。

一方の福田キャスターも、テレビの現場を見て、アナウンサー志向が強くなり、在京キー局への就職を希望しているようです。

両者の利害関係は一致し、すでに内定の“密約”が交わされているとも聞きます。

ところが、“お水バイト”報道で、福田キャスターのイメージは悪くなってしまい、今後その密約を履行するか破棄するかで局内はモメそうです」(同)

つまり、お互いwin-winな関係を構築できていたんですよね・・・スキャンダルまでは。

テレビ朝日側からしても田中萌アナウンサーの悪くしてしまったイメージダウンの解決を図りたいでしょうし、福田成美さんもアナウンサーになれるのであれば文句もないでしょう。

しかし、スキャンダルで状況が一変します。テレビ朝日としてはリスクしかありません。なぜなら、スキャンダルの続報が飛び出す可能性が高いからです。またテレビ朝日の女子アナウンサーのイメージダウンにつながることになりますからね。

出る杭を打つ。週刊誌からすれば、知名度が高く人気がでてきた人を狙ったほうが週刊誌の売り上げが多くなりますからね。

今後の展望は?

今後、テレ朝が福田キャスターをアナウンサーとして採用するかどうかは微妙なところだが、福田キャスターにとって、最も恐れるべきは、“お水バイト”報道の第2弾、第3弾だ。

そこで、決定的な“証拠”が掲載されるようなことがあれば、テレ朝入社は吹っ飛び、卒業後、フリーキャスターとしての活動も難しくなるかもしれない。

福田キャスター側からしてみれば、そうならないことを祈るばかりだろう。

テレビ朝日からしてもリスクがある以上、そう簡単にアナウンサーに抜擢とはいかないでしょう。田中萌アナウンサーの二の舞は避けたいですからね。だからといってイメージがありますから、おいそれとクビにはできません。

だからといってフリーアナウンサーを目指そうにも、いくらかわいいからといってそんな爆弾を抱えた人を雇う企業も少ないでしょう。

飼いならしをされることにどこまで耐えきれるか、社会的に風化するほうが早いか、そんな勝負になってきそうですね。

過去にホステス勤務経験があったとしてテレビ局の内定を取り消された人がいます。そう。あのホステス訴訟で有名な「笹崎里菜」アナです。今では裁判の結果が内定取り消しは不当だとしてアナウンサーとして働かれています。この経験からもテレビ局はうかつに採用できないんですよね。

そんな笹崎里菜アナにつていもまとめていますので、以下の記事をご覧ください。

・「笹崎里菜アナの現状や評判が下手過ぎて同期女子アナとホステス時代写真で格差が?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.