関口メンディーの野球経験は保育園から高校3年生!ハーフで筋肉隆々!

GENERATIONS、EXILEのメンバーの「関口メンディー(せきぐち メンディー)」さんが、プロ野球の始球式で133キロを記録し観客をどよめかせました。

早すぎてとても素人とは思えない記録ですが、関口メンディーさんの経歴を見てもらえれば納得されることかと思います。

関口メンディーさんは、現在27歳。1991年1月25日にアメリカ合衆国・ニュージャージー州に生まれます。その後、東京都品川区で過ごし、GENERATIONS、EXILEのメンバーに抜擢されます。

そんな関口メンディーさんが平成30年6月5日の巨人対楽天戦(東京ドーム)の試合前の始球式で133キロというとんでもない数字を出されました。ダンスだけではない特技ともいえるこの実力は果たして何によるものなのでしょうか。

関口メンディーの野球経験は保育園年長から高校3年生までの13年間

関口メンディーさんの野球経験は、なんと保育園年長から始まり、終わりは高校3年生まで、つまり、6歳から18歳までの13年間ずっと野球をしていたことになります。

小学校時代

小学校時代は関東野球大会で、2位という記録をもたれているそうです。小学校時代からその才能の片鱗はあったのかもしれません。

鈴ヶ森中学校時代

中学時代は、東京都品川区の鈴ヶ森中学校で活躍されます。

スポンサーリンク

成績は明らかにされていませんが、小学校時代の功績を鑑みとなかなかいいところにまでいかれたんではないでしょうか。

郁文館高校時代

郁文館高時代は主に三塁手で、クリーンアップを打つ主力だったそうです。

甲子園には出場されていないようですが、チームの主力メンバーであったことは間違いありません。

日本体育大学中退

日本体育大学に入学後、中退されます。

その中退理由がダンスに出会ったからなのか分かりませんが、この行動がのちのEXILEの加入へとつながっていきます。

始球式で133キロを記録

関口メンディーさんが平成30年6月5日の巨人対楽天戦(東京ドーム)の試合前の始球式で133キロというとんでもない数字を出されました。

この数字がどれほどすごいことかと言いますと、あの人類最強、別のスポーツをしていても金メダル級、芸能人スポーツテストでは強すぎて呼ばれなくなるほどの実力であった元男子ハンマー投げ「室伏広治(むろふしこうじ)」さんが2005年に記録した131キロを上回っているんです。

その時も、完全な手投げでフォームもあったものじゃない。131キロなら練習すれば140キロは余裕と言われていましたからポテンシャルは恐ろしいものがありますが、何はともあれその記録を2キロ上回ったんです。

関口メンディーさんは目標としていた140キロが出なかったことが不満そうだったが、しなやかなフォームで133キロの速球を投げた姿にネットは騒然。

スポンサーリンク

「球がエグい!」「動画見たけど助っ人外国人投手かと」「巨人ユニ似合いすぎ!」「ウチのチームにこないか!」などの声が集まった。しかもこの日に備えて2週間前から教室に通って本格的に肩を作った。

インスタグラムを更新し、「結果は133kmで目標の140kmには届かず悔しい思いをしたので次回リベンジで140km投げたいです。応援してくださったみなさん、ありがとうございました」と記録更新を誓った。

そして、実は昔にこれに近い出来事がったことをご存知でしょうか。

テレビ番組「バイキング」で小学生相手に131キロを記録

2014年7月30日(水) 11:55~ 放送された関西テレビ「バイキング」の関口メンディーのコーナーで、関口メンディーが豪速球131キロを叩き出した。

関口メンディーと小学生が野球の球速対決をしたのですが、小学生は107キロを叩き出し、さぁ~て勝負はどうなる!? という番組の雰囲気を見事に期待通りぶち壊し、関口メンディーがガチで豪速球を投げて131キロを叩き出し、小学生・番組スタッフなど全員唖然とする放送事故!?になってしまった。

やはり、元球児ですから子供相手でも手加減は許されませんよね。

第一、手加減するほうが失礼ですからね。中学生にもなってくると”あ。今、大人に手加減されたな”って感づきますから。

しかし、あのスタジオの空気には笑ってしまいましたけどね。

記録を出した理由

このような剛速球の裏側には、野球の経験があったことも大きな要因ですが、他にも考えられることはあるのでしょうか。

関口メンディーは、父はナイジェリア人・母は日本人のハーフ

関口メンディーさんはハーフです。父はナイジェリア人・母は日本人のハーフだそうです。

そのため、見た目にも体格的にも日本人離れしています。

身長は182㎝もありますからね。

小学校時代や中学校時代は、正直、技術力よりも身体的ポテンシャルが実力につながりますから、そこに努力を足すんですから無双状態だったのかもしれません。

ちなみに、幼少期から日本で育ってますので、英語は全く話せないそうです。また、印象的な黒い肌は日焼けサロンで作られたもので、「元は色白です」と暴露されています。そういうところがかわいいですよね。

筋肉隆々

GENERATIONS、EXILEで常にダンスをしていることもあり、筋肉がすごすぎます。

みてくださいこの腹筋。あのクリスティアーノ・ロナウドと大差ありません。サッカーの世界トッププレイヤーと肩を並べても違和感がありません。背丈や肩幅まで一緒です。

もちろん腹筋だけではありません。

正直、ほれぼれしますね。ここまでいくと本当にかっこいいです。

この筋肉量と体格が合わされば、向かうところ敵なし。剛速球が投げられた理由も納得です。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.